【FX初心者講座】レバレッジ

【FX初心者講座】レバレッジとは?FXのハイリスクハイリターンの仕組みを知ろう!

投稿日:

こんにちは。海外FX&EAオタク研究所、管理人秘書のアナです。

当ブログでは、海外FXのあれこれやEAを使ったシステムトレードについてリアルな情報をお伝えするとともに、特に初心者の方がFXの基礎知識をしっかり身に付けることができるように「FX初心者講座」シリーズをお届けしています。

さて、今回は「レバレッジとは?FXのハイリスクハイリターンの仕組みを知ろう!」と題して、FX最大の特徴である「レバレッジ」について解説していきます。

 

アナ
ドギーはレバレッジって何かわかる??
うーん。うまく説明できないけど「倍率」っていう感じ。
ドギー
アナ
うん!それで大丈夫よ!

 

FXでは「レバレッジ」の仕組みを用いることで、預けた金額以上の取引を行うことができます。

「レバレッジ」とは、ドギーが答えてくれたように、預けた資金に対して何倍の取引をしているか、もしくは何倍の取引ができるかを示す「倍率」のこと。

 

詳しくはこの後解説していきますが、FXは「レバレッジ」という仕組みがあるからこそ少ない資金で大きなお金を動かし、大きな利益を得ることができます。

でも大きな利益を得ることができるということは、逆に考えると大きな損失を被る可能性もあるということ。

管理人
まさにFXがハイリスクハイリターンの投資って言われる所以だね!

 

今回は「レバレッジ」の仕組みを基礎知識として知ってもらったうえで、なぜ「レバレッジ」を利かせることにメリットがあるのか、またデメリットにもなり得るのか、理解を深めてもらいたいと思います。

「レバレッジ」という言葉だけじゃなくてしっかり中身を知ることで、危険なトレードを減らすことができますし、大きな利益を得るチャンスも広がりますから。

それでは早速「FXのハイリスクハイリターンの仕組みであるレバレッジ」を詳しく見ていきましょう!

 

 

FX最大の特徴である「レバレッジ」を知ろう!

まずは「レバレッジ」という言葉の意味から、続いてFXではその「レバレッジ」がどのような仕組みになっているのか、順番に解説していきますね。

 

レバレッジとは?

「レバレッジ」とは「テコの原理(力・作用)」を意味しています。

テコを使うと、自力では動かせなかった重いものを持ち上げることが可能になります。

なぜなら自分の加えた力が、テコによって何倍にも増幅されているから。

同じようにFXではレバレッジ(テコの原理)によって、自分の手元資金の何倍・何十倍・何百倍ものお金を動かすことができるようになります。

 

また別のイメージとしては、レバレッジは「自分のお金を担保にそれ以上のお金を借りてトレードする」ような取引と考えていただければわかりやすいかと思います。

 

ここでもっと理解を深めるために、簡単な例でレバレッジの仕組みを確認してみましょう。

 

例えば、あなたが今4万円の資金を取引口座に預け入れるとします。

この時、日本の金融庁が定める規制上限の25倍のレバレッジをかけた場合、

資金4万円×レバレッジ25倍=100万円

まであなたが取引できるということになります。

アナ
レバレッジをかけずに100万円の取引を行うなら、100万円の資金が必要ということになるので、すごい仕組みですよね!

 

ここまでがレバレッジの基礎知識になります。

ここからは、先ほど「日本の金融庁が定める規制上限の25倍のレバレッジ」という文言が出てきましたが、、

 

レバレッジの最大倍率について

少し詳しく、日本の歴史や海外の状況などを見ていきましょう。

 

日本で個人投資家が自由に外国為替(FX)を取引できるようになったのは1998年からで、当時の国内FX業者では100倍~400倍というハイレバレッジが標準的な設定になっていました。

そこから2010年8月には「投資家保護」という名目で、金融庁による初めてのレバレッジ規制がかかり、最大50倍にまで制限が加えられることになります。

さらに翌2011年8月にさらに制限が加えられて、日本のFX業者のレバレッジは最大25倍となり、現在に至っているというわけなんですね。

管理人
「金融庁がレバレッジ10倍以下への規制を検討」という内容を、2017年に様々なメディアが報じたことからもわかるんだけど、日本のFX業者のレバレッジはまだ下げられる可能性があるよ。

 

それに比べて海外のFX業者のレバレッジはどうでしょうか?

海外FX業者は日本の金融庁の規制を受けないため、25倍を超えるレバレッジを提供することができますし、提供している業者がほとんどです。

 

例えば当ブログでオススメしている海外FX業者「XM」ではレバレッジ最大888倍、その他の業者でも軒並み数百倍のレバレッジを提供しており、中には数千倍という超ハイレバレッジの業者も存在します。

 

ドギー
海外FX業者はレバレッジがすんごい高いワン!
レバレッジが高いから悪いとか危険ってことではないからね!
管理人
アナ
客観的な事実として、日本と海外のFX業者のレバレッジには違いがあるということを理解してもらえればOKです。

 

レバレッジのメリットとデメリット

ここまでの内容で「レバレッジとはどういうものか?」というイメージを掴めたでしょうか。

ここからはさらに一歩進んで、「レバレッジのメリット(リターン)とデメリット(リスク)」について一緒に確認していきましょう。

以下の説明では、日本のFX業者の最大25倍のレバレッジを例として使っています。

 

レバレッジのメリット(リターン)

レバレッジのメリット(リターン)として、為替レートの変動による利益が発生する場合を考えてみます。

 

あなたが今4万円の資金を取引口座に預け入れるとします。

この時25倍のレバレッジならば、

資金4万円×レバレッジ25倍=100万円

まであなたが取引できるということでしたよね。

 

為替レートが1ドル=100円だとして、ここであなたが米ドル/円を2ロット(1万通貨単位/1ロット)買ったとします。

米ドルの価値が上がり1ドル=101円になったときに売れば、

差額プラス1円(101円-100円)×2ロット(2万通貨)=2万円

利益になります。

 

ということは、あなたはたったの4万円の資金で2万円を入手したということになり、収益率は50%となるわけです。

 

レバレッジをかけない場合は、取引口座に100万円を入金していなければならず、2万円を利益として得たとしても、収益率は2%。

レバレッジをかけた時の収益率50%はかけない場合2%の25倍、まさに「投資効率が高い」状態と言えますよね。

これがレバレッジの効果であり魅力です。

アナ
まさに最大のメリットですね!

 

レバレッジのデメリット(リスク)

次に、レバレッジのデメリット(リスク)として、為替レートの変動による損失が発生する場合を考えてみます。

メリットの例と同様に、あなたが今4万円の資金を取引口座に預け入れるとします。

 

為替レートが1ドル=100円だとして、ここであなたが米ドル/円を2ロット(1万通貨単位/1ロット)買ったとします。

米ドルの価値が下がり1ドル=99円になってしまって売れば、

差額マイナス1円(99円-100円)×2ロット(2万通貨)=マイナス2万円

2万円の損失ということになります。

 

結果として、資金4万円の50%(2万円)を一気に失ってしまい、資金が非常に危険な状態になってしまいます。

 

さらに相場変動が大きかった場合には、元の資金4万円が一気にゼロになってしまうことだってあり得ます。

この場合は、1ドル=98円になれば、、
差額マイナス2円(98円-100円)×2ロット(2万通貨)=マイナス4万円
4万円の損失となり、元本4万円が差し引きゼロになります。

ゼロどころか、さらに日本のFX業者の場合は追証(おいしょう)という借金を背負うことになる可能性も。。

ドギー
うぅ。。怖いワン。。
大きなお金を動かせる半面、損失になった場合は大きなリスクを背負わなきゃならないってことね。
アナ

 

以上のとおり、レバレッジのメリットとデメリットを見れば、「レバレッジは使い方次第」ということがわかってきますよね。

 

「レバレッジとは?FXのハイリスクハイリターンの仕組みを知ろう!」まとめ

今回の「FX初心者講座」は、FXにおいて少ない資金で大きなお金を動かすことのできる仕組み「レバレッジ」について解説してきました

 

最後に今回の内容をまとめておきますね。

「レバレッジとは?FXのハイリスクハイリターンの仕組みを知ろう!」まとめ

  • FX最大の特徴である「レバレッジ」を知ろう!
    レバレッジとは?
    レバレッジの最大倍率について
  • レバレッジのメリットとデメリット
    レバレッジのメリット(リターン)
    レバレッジのデメリット(リスク)

 

FXはハイリスクハイリターンと言われているのが、まさにこの「レバレッジ」という仕組みによるものということがわかってもらえたんじゃないでしょうか。

少ない資金でも、レバレッジを活用すれば大きな収益を上げることができる反面、レバレッジをかけれるがゆえに、損失になった場合は資金が圧迫されてしまうことも大いにありうるということですね。

 

また日本のFX業者ではレバレッジの上限は25倍に制限されていますが、海外のFX業者では数百倍~数千倍といった超ハイレバレッジもあるということでした。

よく日本のFX業者のサイトでは、海外FX業者のハイレバレッジをさも悪のように言ってたりしますが、それは大きな間違いです。

もちろん私たち個人の投資家が資金管理をしっかりする必要はありますが、レバレッジを高くすることによって大きな利益を獲得し得るチャンスを提供していますし、FXの良い点を最も有効に活用できるようになっています。

万が一大きな損失を被ってしまって資金がマイナスになってしまった場合も、海外FX業者には「ゼロカット」というマイナス分を免除してくれるシステムがあり、日本のFX業者の追証のような借金を背負うことはありません。

 

ですので、FX業者のレバレッジの高い・低いだけがFXの取引に大きな影響を与えるものではないと理解しておきましょう。

管理人
FXの真髄はもっと奥深いからね!

 

日本のFX業者を使うにせよ、海外のFX業者を使うにせよ、レバレッジという仕組みを最大限利用してこそ、大きく資金を増やせるというもの。

レバレッジの有効活用には、「資金管理」や「適正なポジション量の設定」「損切りの徹底」など様々なポイントがあります。

詳細は基礎知識をしっかり身に付けてから、トレードスタイルや手法などと合わせて学んでいけるよう順を追ってお伝えしていきますので、今回は「レバレッジ」がどういうものかだけ理解してもらえれば大丈夫です。

まずはしっかり基礎知識に集中していきましょうね!

 

アナ
ドギー。レバレッジは理解できた?
うん!少ない資金でも、大きな取引ができるすごい仕組みだワン!ボクもうまく使っておっきな利益を出すワン!
ドギー
管理人
僕は人生ずっとハイレバレッジ!
アナ
ボスの人生っていったい。。

 

今回は「FXのハイリスクハイリターンの仕組みであるレバレッジ」について解説してきました。

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

また、この記事に関する質問や感想、要望などがありましたら、ぜひぜひお問い合わせくださいね。

 

なお、FX初心者の方が迷うことなく、かつ効率的にFXの基礎知識を学んでいけるように、すべての「FX初心者講座」をまとめた記事を作っています。

「FX初心者講座」シリーズを順番に見ていきたい場合、また経験者の方でも基礎知識を復習したい場合は、次の記事を是非参照してみてくださいね。

 

管理人
今回の解説はわかりやすかったでしょうか?よろしければ、是非シェアをお願いします!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
秘書(アナ)

秘書(アナ)

管理人の秘書を務めているアナです。 EAによる自動売買トレードだけではなく、裁量トレードについても勉強・実践中です。 説明不足でアツくなりやすい管理人のストッパー役&補足役としても登場しますが、私自身が記事を投稿する事もありますので、是非、記事へのいいね!やシェアして頂けると嬉しいです!

-【FX初心者講座】レバレッジ
-,

Copyright© XM(海外FX)EA(自動売買ソフト)の光と闇を検証するブログ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.