【FX初心者講座】証拠金

【FX初心者講座】証拠金とは?FXの取引に必要な資金を把握しておこう!

投稿日:

こんにちは。海外FX&EAオタク研究所、管理人秘書のアナです。

当ブログでは、海外FXのあれこれやEAを使ったシステムトレードについてリアルな情報をお伝えするとともに、特に初心者の方がFXの基礎知識をしっかり身に付けることができるように「FX初心者講座」シリーズをお届けしています。

さて、今回は「証拠金とは?FXの取引に必要な資金を把握しておこう!」と題して、FXで取引する際に必ず必要となる「証拠金」について解説していきます。

 

「証拠金」とは、簡単に言うと、私たちトレーダーがFX業者に預ける資金のことを指しています。

アナ
資金って言ったり、原資、元本、元金なんて、色んな呼び方がありますよね。

 

まず私たちがFXのリアルトレードを行うためには、FX業者の開設している口座にお金を入金しなければなりません。

そのお金を元にして、海外の為替による差金を利益や損失として計上していくのがFXの仕組みでした。

 

今回はその元となるお金「証拠金」にクローズアップして、

  • FXを行うために、取引の元となるお金「証拠金」が一体いくら必要なのか?
  • 日本のFX業者と海外のFX業者では必要となる「証拠金」が異なるのか?
  • 「証拠金」にはどんな分類があって、どのように計算されているのか?

といった内容に踏み込んで解説していきたいと思います。

 

ドギー
おねぇさん、数字とか出てきて難しくなるの??
ドギー安心して!数字は少し出てくるけど、あくまで「FX初心者講座」だから、証拠金について最低限知っておいてもらいたいことをなるべく簡単に説明するからね!
アナ
ドギー
良かったワン!

 

ただ「証拠金」はFXの資産管理にとても重要な役割があって、特に初心者の方に基礎知識として身に付けておいてもらいたいので、しっかり学んでいきましょうね!

ということで、まずは「証拠金とは何か?」簡単な説明から始めていきましょう。

 

 

証拠金とは何?

FXを始めるにあたって、あなたも「小額から始められる投資」であるということに魅力を感じたんじゃないでしょうか?

でも逆に「なぜ小額から始めることができるんだろう?」と疑問に思ったこともありませんか?

この答えが、まさに今回解説する「証拠金」という考え方にあります。

 

FXは、日本での名称を「外国為替証拠金取引」と言い、資金を担保にして為替の取引を行う、まさに「証拠金」取引のひとつです。

この担保にする資金のことを「証拠金」と言います。

実際の取引規模に応じた多額の資金を用意しなければならないわけではなく、担保である「証拠金」を預けておけば、その何十倍~何百倍もの取引を行うことができることから、すなわちFXは小額の資金で、実際よりも大きな規模の取引を行うことができるというわけですね。

 

その「実際よりも大きな規模の取引を行うことができる仕組み」について、簡単な例で確認してみましょう。

1ドル=100円の場合に、円をドルに外貨両替するとします。

通常、円を1万ドル分の米ドルに両替するならば、

1万ドル×100円(1ドル)=100万円

の資金が必要となります。

アナ
外貨両替では、実際の取引規模に応じたそのままの金額が必要になりますよね。

 

これがレバレッジ25倍の国内FX業者を使ったFX取引であれば、

1万ドル×100円(1ドル)÷25倍(レバレッジ)=4万円

なんとたったの4万円の資金で100万円の取引が可能になります。

なぜそんなことが可能なのか?

FXは為替レートの変動分を損益として差金決済でやり取りするだけなので、その損益の受け渡しに必要な一定額の資金があれば取引できるようになっているからです。

このときに必要となる4万円が、まさに担保としてFX業者に預けられる「証拠金」ということになるわけですね。

 

 

ドギー
証拠金は単に取引に使うお金じゃないってことだったんだワン!
そう!担保として預けてるお金ってことよ。
アナ
管理人
国内FX業者のレバレッジ25倍で4万円の担保なら、ハイレバレッジの海外FX業者はもっと担保となる証拠金が安くなるよ!

 

海外FX業者に預ける証拠金は国内業者より安い?

アナ
そうなんです。

実はボスがお話したように、国内FX業者よりもレバレッジが高い海外FX業者の場合は、同じ取引をするにあたって証拠金がもっと安くなります。

先ほどの例を使って確認しておきましょう。

 

1ドル=100円の時、1万ドルの取引を最大レバレッジ25倍の国内FX業者で行う場合に、預けておかなければならない証拠金は、

1万ドル×100円(1ドル)÷25倍(レバレッジ)=4万円

でしたね。

 

この例を、当サイトでもオススメしている海外FX業者「XM」の最大レバレッジ888倍に当てはめて、必要となる証拠金を確認してみましょう。

1万ドル×100円(1ドル)÷888倍(レバレッジ)=1,126.126126...≒1,127円

預けておかなければならない証拠金は、なんと「1,127円」で済んでしまうということになります。

 

さらに日本のFX業者に預ける「4万円」という証拠金を、海外FX業者「XM」の口座に入れておけば、

4万円×888倍(レバレッジ)=3,552万円

という、理論上とんでもない金額の取引ができるということに!

 

以上のとおり、ハイレバレッジの海外FX業者を使うと、証拠金の額はさらに少なく、大きな取引ができるということがわかっていただけたと思います。

アナ
投資効率が高いと言われるFXも、レバレッジの違いでさらに投資効率を上げれるし、証拠金をもっと有効活用できるわね。
管理人
ただしこれは理論上の数字なので、基本としてFXは大きなレバレッジで行うべきではないし、証拠金もギリギリの状態に置くべきじゃないということは認識しておこう!
ドギー
安全な取引は、レバレッジを低く、証拠金は多くだワン!

 

証拠金の細かな分類と計算方法を確認!

さて、ここまで「証拠金とは何か?」ということを見てきましたが、ここからはステップバイステップで、さらに証拠金をより細かく確認していきましょう。

 

証拠金は、取引の状態や証拠金のもつ意味合いによって、より細かく分類されています。

名称は、国内・国外FX業者によって微妙に異なりますが、おおよそ知っておいてもらいたい証拠金の種類を、以下のステップで解説していきます。

証拠金の分類と計算方法

  • ステップ1.有効証拠金
  • ステップ2.必要証拠金
  • ステップ3.余剰証拠金
  • ステップ4.証拠金維持率
アナ
ステップ順に見ていくと、それぞれの証拠金の算出方法が分かりやすくなっています。
順番に見ていくワン!
ドギー
管理人
ステップ.4の証拠金維持率は証拠金とは違うけど、大事な考え方なので確認しておこう!

 

ステップ1.有効証拠金

有効証拠金とは、FX業者にあなたが預けている資金の総残高のことです。

有効証拠金は、あなたがポジションを持っていてまだ決済をしておらず含み益や含み損になっている「未実現の損益(評価損益)」を加えて、証拠金残高として計算します。

また海外のFX業者を使っていて、様々なボーナス金を支給されている場合、そのボーナスも有効証拠金に加算します。

 

有効証拠金の計算方法は以下のとおりです。

 

有効証拠金

  • あなたが証拠金としてFX業者に預けている金額残高:100,000円
  • FX業者より支給されたボーナス資金:10,000円
  • 未決済で含み益となっている金額:5,000円
  • 未決済で含み損となっている金額:7,000円

100,000円(残高)+10,000円(ボーナス)+5,000円(含み益)-7,000円(含み損)=108,000円(有効証拠金)

アナ
含み益や含み損が入ってることからわかると思いますが、これら未実現の損益は為替相場の動きに合わせて変動するため、有効証拠金も刻一刻と変動すると覚えておいてくださいね。

 

ステップ2.必要証拠金

必要証拠金は、ポジションを保有するために必要となる資金を表しています。

今回の説明の前半に出てきた、1ドル=100円の時に、1万ドルの取引をレバレッジ25倍の国内FX業者で行う場合に必要となる証拠金4万円のことです。

 

必要証拠金

  • 取引数量:1万ドル(1万通貨単位)
  • 為替レート:1ドル=100円
  • レバレッジ:25倍

1万ドル(1万通貨単位)×100円(1ドル)÷25倍(レバレッジ)=4万円

有効証拠金が純粋に預けている残高という意味合いであるのに対して、必要証拠金はポジションを持つためにどれだけの担保が必要となるかという意味を持っています。

もちろん必要証拠金の額は、為替レートの水準によって変動します。

アナ
有効証拠金と必要証拠金の違いは、「有効証拠金=全体」「必要証拠金=個々のポジション」という風に認識しておきましょう。

 

ステップ3.余剰証拠金

余剰証拠金は、有効証拠金のうち、売買に消費されていない資金を表しています。

全体の資金に対して、個々のポジションに必要となる担保の額を引き去ることから、残りどれだけ担保として使えるお金が残るかというイメージですね。

 

計算式としては、有効証拠金から必要証拠金を引いたものになります。

 

余剰証拠金

  • 有効証拠金:108,000円
  • 必要証拠金:40,000円

108,000円(有効証拠金)-40,000円(必要証拠金)=68,000円

ドギー
残りどれだけポジションが持てるかわかるワン。
アナ
余剰証拠金も為替レートの変動によって随時変わるから注意してね。

 

ステップ4.証拠金維持率

証拠金維持率は今までのステップで説明してきた証拠金とは少し意味合いが違いますが、FX業者ではこの証拠金維持率を目安にしてロスカットを設定していますので、ぜひ覚えておきましょう。

ロスカット

含み損(損失を確定せずポジションを保有している状態)が拡大し、証拠金の一定のラインを下回ると、FX業者が強制的に損失を確定し決済すること。

 

あなたが保有しているポジションについては担保として必要となる必要証拠金の値が設定されていますが、その必要証拠金に対して、全体の残高である有効証拠金の割合がどの程度あるかを表した指標になります。

すなわち、どれだけ資金的に余裕を持ったトレードを行っている状態かをはかることができるというわけですね。

 

証拠金維持率は、有効証拠金と必要証拠金を使って算出します。

 

証拠金維持率

  • 有効証拠金:108,000円
  • 必要証拠金:40,000円

108,000円(有効証拠金)÷40,000円(必要証拠金)×100%=270%

 

FX業者によって異なりますが、この証拠金維持率が50%~20%を下回った時点で、強制的にポジションを決済して損失を確定する(ロスカット)ということになります。

ロスカットについては、別途【FX初心者講座】で解説します。

ですので、証拠金維持率には常に気を配り、300%~500%以上で取引を行うのが安全とされています。

管理人
証拠金維持率は余裕があると思っていても、相場が一瞬で暴騰・暴落することもあるから、何千%~1万%以上の絶対安全ラインをキープしたいね。
アナ
有効証拠金を増やすか、取引数量を抑えるか、決して無理な取引環境に身を置かないことが大切です。

 

「証拠金とは?FXの取引に必要な資金を把握しておこう!」まとめ

今回の「FX初心者講座」は、FXで取引を行う際に担保となる資金「証拠金」について解説してきました

 

最後に今回の内容をまとめておきますね。

「証拠金とは?FXの取引に必要な資金を把握しておこう!」まとめ

  • 証拠金とは何?
  • 海外FX業者に預ける証拠金は国内業者より安い?
  • 証拠金の細かな分類と計算方法を確認!
    ステップ1.有効証拠金
    ステップ2.必要証拠金
    ステップ3.余剰証拠金
    ステップ4.証拠金維持率

今回は「証拠金」について、まず大きな意味合いを知ってもらうことから始めて、さらに細かな分類や計算方法まで解説してきました。

また国内と海外FX業者のレバレッジの違いによって、必要となる証拠金の額も変わってくるということを理解いただけたと思います。

 

FXにはレバレッジという仕組みがあり、資金としてFXの口座に入金しておく「証拠金」があくまで担保の形式をとっていることから、それらの仕組みによって、FXは少ない金額で大きな取引ができるようになっています。

ドギー
だからFXは始めるまでの敷居が低いって言われるんだね!

 

また国内のレバレッジが最大25倍なのに対して、海外FX業者のレバレッジは何百倍~何千倍と非常に高く、レバレッジが高いほど証拠金は少なくて済むため、海外FX業者を使うと、より資金効率の良い取引ができるというわけですね。

 

ただ資金効率が良いということは、反対に損失になる危険度も高くなるということ。

FXがハイリスクハイリターンの投資であるということは忘れないようにしましょう。

 

今回は証拠金の細かな分類と計算方法もお伝えしましたが、「有効証拠金」「必要証拠金」「証拠金維持率」などは、基本的にFX業者のトレード画面に自動的に計算されて表示されるようになっています。

ですので、あなたが計算する必要はまず無いのですが、それぞれの証拠金にどのような意味があって、どのように計算されているのか、知っているのと知らないのとでは全く違います。

このような基礎知識を理解してこそ、FXでは利益を積み上げていけますし、大きな損失やロスカットを回避できるようになります。

まずは基礎知識を定着させることから始めていきましょうね!

 

アナ
ドギー。証拠金は大丈夫そう?
取引画面に自動的に表示されてたから、今まであんまり意識してなかったけど、大事ってことがよくわかったワン!
ドギー
管理人
特に「証拠金維持率」は、新規のポジションを持てば持つほど下がってくるし、為替の大きな変動で一気に下がるから常に注意しておこう!
ギリギリは危険、、っと。メモメモ
ドギー
管理人
ギリギリでいつも生きていたいから~!
どこかで聞いたことがあるような。。
アナ

 

今回は「FXの取引に必要な担保となる資金『証拠金』」について解説してきました。

分類や計算など、少しややこしい部分もあったので、何度も読み返してもらえたらと思います。

 

また、この記事に関する質問や感想、要望などがありましたら、ぜひぜひお問い合わせくださいね。

 

なお、FX初心者の方が迷うことなく、かつ効率的にFXの基礎知識を学んでいけるように、すべての「FX初心者講座」をまとめた記事を作っています。

「FX初心者講座」シリーズを順番に見ていきたい場合、また経験者の方でも基礎知識を復習したい場合は、次の記事を是非参照してみてくださいね。

 

管理人
今回のFX初心者講座、いかがだったでしょうか?シェアいただけたら、励みになります!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
秘書(アナ)

秘書(アナ)

管理人の秘書を務めているアナです。 EAによる自動売買トレードだけではなく、裁量トレードについても勉強・実践中です。 説明不足でアツくなりやすい管理人のストッパー役&補足役としても登場しますが、私自身が記事を投稿する事もありますので、是非、記事へのいいね!やシェアして頂けると嬉しいです!

-【FX初心者講座】証拠金
-, , , , ,

Copyright© XM(海外FX)EA(自動売買ソフト)の光と闇を検証するブログ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.